レアード・クリステンセン| Prescott College

レアード・クリステンセン

博士号を取得
アカデミックステートメント

学術および実践の両方の多様なトレーニングと経験を活用して、Laird Christensenは、レジリエントおよびサスティナブルコミュニティの大学院プログラムのディレクターとしての応用バイオリージョンの視点をもたらします。 Prescott College。 プレスコットに来る前に、レアードは2015のグリーンマウンテンカレッジで同様のMSプログラムを開発し、GMCの環境研究大学院プログラムの創設ディレクターも務めました。 両方の能力において、レアードは他の学部と協力して、学生に前例のない学際的な幅を提供するプログラムを構築すると同時に、オンライン形式を利用して、学生が自分のバイオリージョンと特定の関心についての知識を開発することを奨励しています。

Lairdは、コミュニティの組織化と活動に30年を費やし、コミュニティが位置するバイオリージョンの可能性をコミュニティがどのように構築するかに特に興味を持っています。 オレゴン州西部で生まれ育った彼は、地元の生態系の特徴を明らかにする場所に常に惹かれてきました。 これにより、彼は木材の等級付けからレンジャーとしての活動へと道を切り開きました。森を守るための直接行動から、小学生と一緒に自然史を学び、トレイルを構築することまで。 彼の人生の多くを旅行し、都市や町がそれらの景観の生態学的可能性を反映する(または無視しようとする)多くの方法を探求してきたレアードの主な研究関心は、産業および産業後の人間コミュニティがかつてのように進化する方法になりました再び、その地域の景観の生態学的特性に適合します。

イリノイ大学とオレゴン大学で修士号を取得することに加えて、レアードは、持続可能な場所に根ざした生活について学ぶための他の方法を模索しています。 彼は意図的なコミュニティ(ラカサグランデコレクティバ、ビーバーブルック協同組合、およびDu-Ma)で8年間生活し、そこでグループの円滑化とコンセンサスの意思決定の経験を積み、生活の難しさと報酬について直接学びました。理想を行動に移そうとする方法。 これらの教訓は、その後の同盟の構築、コンセンサス構築のワークショップの指導、さまざまな非営利組織の理事会での役に立とうとしています。 彼はまた、ストーリーテリングと音楽、地域の風景に結び付けられた歌の作成、ノーザンホームスパン、フィドルウィッチ、スプルースノブ蜂起などのバンドへのボーカルとマンドリンの提供を通じて、コミュニティを構築する方法を見つけました。

レアードは、彼のキャリアを通じて人々と彼らが住んでいる場所との関係について書いており、彼の作品をさまざまなアンソロジーや雑誌などに掲載しています。 Utneリーダー, 北の森, ワイルドアース,北西レビューおよび 全地形。 彼はまた、エッセイの2つのコレクションを編集しました。 場所について教える:土地から学ぶ (ネバダ大学出版局、2008)および 北米環境文学を教える (現代言語協会、2008)。 途中で、彼はオレゴンカスケードのHJアンドリュース実験林でライターインレジデンスを務めました。これは、200年にわたる観測と態度の進化をたどる記録に貢献する作家とアーティストを招待する環境反射プロジェクトの一部です。期間。

グリーンマウンテンカレッジで20年近く教えた後、彼は最近プレスコットの南にある松の尾根に家族と一緒に落ち着き、そこで息子のアディソンと一緒にこれらの山々がどのように自分自身を表現しているかを楽しみにしています。

学歴

博士号 英文学、オレゴン大学、8月1999濃度:文学と環境。 論文:「世界のスピリットアスティル:エコロジー時代の神聖な詩」

イリノイ大学アーバナシャンペーン校修士号英文学、8月1993

BA英文学、キーン州立大学、5月の1991

出版物

著書

北米の環境文学を教える。 マークロングとフレッドウェイジで編集。 ニューヨーク:Modern Language Association、2008。

場所について教える:土地から学ぶ。 Hal Crimmelで編集。 リノ:ネバダ大学出版局、2008。

パイン川の回復。 Watershed Writing Collectiveで作成および編集。 ミシガン州アルマ:WTW Publications、2000。

本の章

「クリアカットの向こう側。」ストーリーの下の森:古くからの森での創造的な探求。 エド。 ナサニエル・ブロディ、チャールズ・グッドリッチ、フレデリック・J・スワンソン。 シアトル:ワシントン大学出版局、2016:137-48。

「バイオリージョンの知覚を教える-遠くで。」バイオリージョンの想像力:文学、エコロジー、場所。 エド。 トム・リンチ、シェリル・グロトフェルティ、カーラ・アームブラスター。 アテネ:ジョージア大学出版局、2012:377-90。

「環境文学を教えることへのアプローチ。」北米環境文学を教える。 エド。 レアード・クリステンセン、マーク・ロング、フレッド・ウェイジ。 ニューヨーク:Modern Language Association、2008:149-61。

「グラウンドゼロへのカラミティブルック」。場所に関する教育:土地から学ぶエド。 ハルクリムメルとレアードクリステンセン。 ネバダ大学出版局、2008:3-19。 「はじめに」ハル・クリムメルと書かれました。 場所について教える:土地から学ぶ。 エド。 ハルクリムメルとレアードクリステンセン。 リノ:ネバダ大学出版局、2008:ix-xvii。

「ライティングホーム:クリエイティブライティングによるエコロジーリテラシーの教育。」教育学論文2006。 テキサス州オースティン:関連ライティングプログラム、2006。

「北西航路」。共通の地面を保持:アメリカ西部の個人および公有地。 エド。 ポール・リンドホルトとデリック・ノウルズ。 チェイニー、ワシントン州:イースタンワシントン大学出版局、2005:23-27。

「流域の記述。」野外での授業:野外教室で生徒と協力する。 エド。 ハル・クリムメル。 ソルトレイクシティ:ユタ大学出版局、2003:124-36。

「メアリー・オリバーの語用論的神秘主義。」エコポエトリー:重要な序論。 エド。 J.スコットブライソン。 ソルトレイクシティ:ユタ大学出版局、2002:135-52。

記事

「アメリカへの手紙」Terrain.org:建築と自然環境のジャーナル(2月2017): http://www.terrain.org/2017/guest-editorial/letter-to-america-christensen/

「グレートトランジションからのメモ。」エッジ効果(2月2016): http://edgeeffects.net/ great-transition/

「心の場所。」ノーザンウッドランズ(冬2013):80。

「森に落ちる木。」全地形:反射環境プラクティス12(10月2012):16-20。

「グローバル時代の家を書く。」世界文学の今日82:4(7月〜8月、2008):16-20。

「ハドソン川の浸水。」ジョン・ジェンセンと書かれました。 全地形13(2004 / 2005):14-20。

「ゲリラギャザラー」。Utneリーダー(5月/ 6月2004):18-19。

「経験の声:ジョン・エルダーとのインタビュー。」ISLE:文学と環境の学際的研究10.1(冬2003):195-213。

「ワイルドクラフトのギブアンドテイク。」全地形11(2002 / 2003):4-7。

「世界のスピリットアスティル:ウェンデルベリーの秘跡の詩。」レナンセンス:文学の価値に関するエッセイ52.2(冬2000):163-81。

「天国のように正確ではない:サラウンドの神学的帝国主義。」SAIL:アメリカインディアン文学の研究11.1(春1999):2-16。

文学および環境におけるシラバスのASLEコレクション。 ピーター・ブレイクモアと編集。 <http://www.asle.umn.edu/pubs/collect/collect.html> 1998。

「天国のように正確ではない:サラウンドの精神的および生態学的帝国主義。」ノースウエストレビュー、40th Anniversary Issue 35.3(秋1997):57-66 「ホームになる。」エコトーン:環境研究ジャーナル1:1(冬1997):4-15。

レビュー

遠い隣人:ウェンデル・ベリーとゲイリー・スナイダーの厳選された手紙。 エド。 チャドリグルスワース。 ISLE:文学と環境の学際的研究22.1(冬2015):182-83。

生物圏を持ち帰る:地球環境の変化を知覚する学習、ミッチェル・トーマスハウ著。 Wild Earth 13.4(冬2003-2004):73-74。

グリーンライアー:環境詩学と倫理、デビッドW.ギルクレスト著。 ISLE:文学と環境の学際的研究10.1(冬2003):273-74。

ジョン・トールマッジとヘンリー・ハリントンが編集した、自然のサインの下で読む:エコクリチズムの新しいエッセイ ISLE:文学と環境の学際的研究9.1(冬2002):251-52。

川のないサケ:太平洋サケ危機の歴史、ジム・リチャトウィッチ。 Wild Earth 11.2(サマー2001):68-70。

フランクの着陸からのメッセージ:サーモン、条約、およびインドの道の物語、チャールズ・ウィルキンソン。 Wild Earth 11.2(サマー2001):68-70。

持続可能な詩、レナード・シガジ作。 ISLE:文学と環境の学際的研究7.2(夏2000):278-80。 重力国立公園、CLローリンズ。 西アメリカ文学34.2(夏1999):264-65。

この聖なる地球:ロジャー・ゴットリーブ編集の宗教、自然、環境。 ISLE:文学と環境における学際的研究4.3(夏1998):138-40。

「Siuslaw:オレゴンの至福」Wild Earth 14:3 / 4(秋/冬2004-2005)。

「Ablution。」Wild Earth 13:2 / 3(夏/秋2003)。

「ピンスキーによる詩の眠り」Traum 1.1(春2000)。

「彼のイメージで。」Traum 1.1(Spring 2000)。

「失われた海岸のマドロネスにアマンダの詩を届ける。 Traum 1.1(春2000)。

「オレゴンのバレンタイン。」Traum 1.1(春2000)。

「サンシャインキャニオン」。TAPJoE13(1999)。

「万物」。TalkingLeaves 9.2(夏/秋1999)に転載。

「ネイティブグレイス」。Ecotone:環境ジャーナル2.1(秋1998)。

「ピッキングトラッシュ、ロードサイド。」Wild Earth 7.4(冬1998)。

「冬至のための歌。」地球第一! 18.2(1月の1998)。

「ディアクリークウォームスプリングス:秋分」。WildEarth 7.3(Fall 1997)に転載。

「メイデイ」。ポテトアイズ14(冬/春1997)。

「Du-Má:庭で。」創造精神性13.1(春1997)。

「万物」。ユージンウィークリー16.12(3月1997)。

「イリノイを去る。」エコトーン:環境研究ジャーナル1.1(冬1997)。

「ディアクリークウォームスプリングス:秋分」。トランペッター13.4(フォール1996)。

「シウスワフ:冬至」。トランペッター13.4(フォール1996)。

「都市の端のレオポルド」無知な目11.1(春1993)。

「Plainsongs」。無知な目10.1(冬1991)。

「Next of Kin。」オーロラ9.1(春1990)。

「シーズン中。」オーロラ9.1(春1990)。

「4番目。」北西43.7(3月1984)。

「1月、I-91。」Orphic Lute 7.2(スプリング1983)。

「Bonsecours Fall。」アメリカの詩集。 カリフォルニア州サンタクルーズ:APA、1982。

プレゼンテーション

招待講演とワークショップ

「プレースメーキング」。環境文学研究所、6月2018、フィリップスエクセターアカデミー、ニューハンプシャー。

「大転換期からの物語:気候変動の時代における芸術の役割。」ボストンアテナエウム、2月15、2017、ボストン、マサチューセッツ州。

「バーモントのアイデア。」生涯学習のためのグリーンマウンテンアカデミー、3月2015、マンチェスター、VT。

「バーモントからの声。」読書講座の大冒険。 Osher Institute for Lifelong Learning、10月2011、ラトランド、バーモント州。

「場所に基づいた教育学」。文学と環境の研究のための第8回隔年会議、6月2009、ビクトリア大学、ブリティッシュコロンビア。

「環境の記述」。第14回人間生態学会の国際会議。 10月2006、カレッジオブザアトランティック、バーハーバー、メイン州。

「ワーキングランドスケープ:大学院生の専門職化に関するワークショップ。」第6回文学と環境研究協会の隔年会議、6月2005、オレゴン大学。

「イマジニングコミュニティ。」年次学生リーダーシップバンケット、4月2002、キーン州立大学、キーン、ニューハンプシャー。

会議用紙とラウンドテーブル

議長および組織されたパネル

「私たちは誰であるか:創造的なノンフィクション。」文学および環境研究協会の第11回隔年会議、6月2015、アイダホ大学。

「20th Century American Western Nature Writingの保全とその反対者。」第10回文学と環境研究協会の隔年会議、5月2013、カンザス大学、ローレンス。

「森に直面して:創造的なノンフィクションの読み物。」文学と環境の研究のための協会の第8回隔年会議、6月2009、ビクトリア大学、ブリティッシュコロンビア。

「遠隔教育へのバイオリージョナルアプローチの開発」。第14回人間生態学会国際会議。 10月2006、カレッジオブザアトランティック、バーハーバー、メイン州。

「北米環境文学の指導:円卓会議」。第6回文学と環境研究協会の隔年会議、6月2005、オレゴン大学。

「太平洋岸北西部。」第6回文学と環境研究協会の隔年会議、6月2005、オレゴン大学。

「パルプフィクション:物語と詩」。第6回文学と環境研究協会の隔年会議、6月2005、オレゴン大学。

「ノーザンフォレストの読み書き」ノーザンフォレストの自然と文化に関するASLEシンポジウム、6月2004、ニュージャージー州クロフォードノッチ。

「教室でのバイオリージョナリズム」。第5回文学と環境学会の第2回隔年会議、6月2003、ボストン大学。 「

環境文学を教える。」Northeast Modern Language Association Conference、4月2002、トロント、オンタリオ

「人文科学のグリーン化、紙上および実践。」自然を真剣に考える:市民、科学者、環境、2月2001、オレゴン大学。

「生態学的な詩学に向けて」第3回文学と環境研究協会の隔年会議、西ミシガン大学6月1999。

「土地の敷設:アメリカの風景と文学。」太平洋北西アメリカ研究協会会議、4月1998、アイダホ州コーダレーン

カンファレンスのプレゼンテーション

「クリアカットの向こう側」。西部文学協会50th年次会議14-17 10月2015、リノ、ネバダ州。

「ユリの池を読む。」文学および環境研究協会の第11回隔年会議、6月2015、アイダホ大学。

「ウェンデルベリーの詩:50年の回顧展」。文学と環境の研究のための協会の第10回隔年会議、5月2013、カンザス大学。

「デッドエンド、バックロード、ラウンドアバウト:道に沿って迷子になった喜び」。

"私たちは今どこにいますか? 126th MLA Annual Convention、1月2011、ロサンゼルス、CA。

「皆伐の向こう側:HJアンドリュース実験林からの報告。」文学と環境研究協会の第8回隔年会議、6月2009、ビクトリア大学、ブリティッシュコロンビア州。

「遠隔地での環境研究の指導:生物地域的アプローチ」第7回文学と環境研究協会の隔年会議、6月2007、Wofford College、Spartanburg、SC。

「遠隔教育へのバイオリージョナルアプローチの開発」。第14回人間生態学会国際会議。 10月2006、カレッジオブザアトランティック、バーハーバー、メイン州。

「すべての詳細:設定と特性化」第4回年次ホレスグリーリーライターシンポジウム、10月2006、バーモント州イーストポールトニー。

「ライティングホーム:クリエイティブライティングによるエコロジーリテラシーの教育」作家およびライティングプログラム協会の年次会議、3月2006、テキサス州オースティン。

「パルプフィクション:現代アメリカのフィクションにおける木材産業。」第6回文学と環境研究協会の隔年会議、6月2005、オレゴン大学。

「真実か挑戦か:創造的なノンフィクションにおける事実の役割。」第3回ホレス・グリーリー作家シンポジウム、10月2005、バーモント州イースト・ポールトニー。

「言葉の間の空間:創造的な作家のためのエコロジーからの教訓。」第2回年次ホレス・グリーリー作家シンポジウム、10月2004、ウェストヘイブン、VT。

「教室で自然史を書く。」北の森の自然と文化:北の森の研究に関するASLEシンポジウム、6月2004、ニュージャージー州クロフォードノッチ。

「ハドソン川の浸水:生態学的リテラシーへの学際的アプローチ。」環境とコミュニティに関する第14回北米学際会議、2月2004、エンパイアステートカレッジ、サラトガスプリングス、NY。

「野外での授業:野外教室での学生との協力。」第5回文学と環境研究協会の隔年会議、6月2003、ボストン大学。

「北西航路」。第5回文学と環境学会の第2回隔年会議、6月2003、ボストン大学。

「学際的なブロックコースを通じて環境リテラシーを教える」ニューイングランド環境教育同盟会議、10月2002、ニューハンプシャー州モールトンボロ

「辺縁からの書き込み:ハドソン川ブロックコース」ノースイーストモダンランゲージアソシエーションカンファレンス、4月2002、トロント、ON。

「癒される言語:リンダ・ホーガンの住居。」第4回文学と環境研究協会の隔年会議、北アリゾナ大学6月2001。

「太平洋岸北西部を読む。」地域、地域主義、文化環境に関する円卓会議。 ノーザンアリゾナ大学、6月2001、文学および環境研究協会の第4回隔年会議。

「読者の死:アメリカの詩における生態学的タナトプシス」、アメリカ文学協会会議、5月2001、ケンブリッジ、MA

「バイオリージョンの読み書き」。自然を真剣に考える:市民、科学者、環境、2月2001、オレゴン大学。

「流域の記述:協力的アプローチ。」現代言語協会条約、12月2000、ワシントンDC

「Teaching Bioregional Biographies。」Northeast Modern Language Association Conference、4月2000、バッファロー、ニューヨーク。

「環境ライティング教育の動向:概要から応用まで。」太平洋古代および現代言語協会会議、11月1999、ポートランド州立大学。

「存在の詩学の制定」第2回国際芸術自然文化会議、7月1999、ワシントン大学。

「私たちが特異になる場所:メアリー・オリバーの詩における生態学的相互依存。」環境とコミュニティに関する北米の学際的会議、2月1999、ウェーバー州立大学、オグデン、ユタ。

「詩、生態学、および新しいアメリカのアニミズム」。太平洋岸北西部アメリカ研究協会会議、4月1998、アイダホ州コーダレーン

「ロバート・マイケル・パイルのウィンターグリーンのクリアカット美学」、西部文学協会会議、10月1998、バンフ、AB。

「自分の歌:ホイットマンのロマンティック、ポストモダン、エコロジカルなアイデンティティの枠組み」。環境とコミュニティに関する北米の学際的会議、2月1998、ネバダ大学、リノ。

「天国のように正確ではない:ダーシー・マクニクルの 『サラウンド』の精神的および生態学的帝国主義」。アメリカ先住民文学会議、5月1997、オレゴン大学

「私が知っているスピリットは、世界のアスティアです。ウェンデル・ベリーの聖書の汎神論。」キリスト教大学と文学に関する会議、5月1997、シアトル大学。

「全体性の識別:I-Thouの世界でI-Itを話す。」オレゴンの第8回作曲とレトリックに関する年次会議、5月1997、イースタンオレゴン大学。

「ダークウッズのみ:ソロー、荒野、アメリカの牧歌。 太平洋オレゴン州立大学、4月1996、太平洋岸北西部アメリカ研究協会会議。

「場所になる:生態学的な物語構造に向けて」文学および環境研究協会の第1回隔年会議、コロラド州立大学6月1995。

「文学と環境におけるアドボカシーと政治。」文学と環境研究協会の最初の隔年会議、コロラド州立大学、6月1995。

「エデンの天使と再び歩む:ナンシー・ニューホール、ウェンデル・ベリー、ゲイリー・スナイダーの詩における生態学的価値」。

賞、助成金、および栄誉

ライターインレジデンス、HJアンドリュースエクスペリメンタルフォレスト、2008

2005、Green Mountain Collegeの模範的な教師賞

オレゴン大学作曲の優れたインストラクター、1998-99

イリノイ大学アーバナシャンペーン校1991-93の各学期に、「学生により優秀と評価された教師のリスト」に指名されました。

ニュースとメディアの報道

「消費者文化と弾力的で持続可能なコミュニティ、レアードクリステンセンと」 持続可能なマインドポッドキャスト。

「大転換期の物語:気候変動の時代に芸術がどのように私たちを生命に備えるか」 ボストン図書館。

「バーモントのアイデア。」 生涯学習のグリーンマウンテンアカデミー。

「今日の世界文学:文学は環境に優しい」 新しいページ

「回復力のある」ライジングアパラチア。 5月19、2019、グリーンマウンテンカレッジの最後の開始で学生と共演。