引き出し、払い戻し、およびタイトルIVの資金

パノラマ

学校または特定のコースからの脱落または退学を検討している学生 強く促される 入学オプションについてアカデミックアドバイザーと相談するだけでなく、財政援助のオフィスに連絡して、潜在的な財政的影響について話し合うこと。 クラスへの出席または修了、および/またはコースの撤回またはドロップは、財政援助の適格レベルの再計算および財政援助の返還の可能性があります。

このページには、以下に関する重要な情報があります。

  • 個々のコースからの脱退
  • から撤退 Prescott College
  • 授業料と手数料の払い戻し
  • 撤回の場合のタイトルIVファンドの返却
    • タイトルIVファンド 直接助成/非助成ローン、直接大学院プラスローン、直接プラスローン、連邦ペル補助金、連邦補助教育機会補助金(SEOG。
重要なお知らせ

学生は、所定の期間、公開された学生が開始した退学日までに、1つまたは複数のコースから退会することを選択できます。 をご覧ください アカデミックカレンダー 各用語の特定の日付。

  • 「撤回された」クレジット/コースの払い戻しはありません。
  • コースから退会するには、学生は以下から利用可能なドロップ/追加/撤回フォームに記入する必要があります レジストラのオフィス または上 myprescott.edu 「記録と登録フォーム」で。
  • このドロップ/追加/撤回フォームがコースセッションのドロップ/追加日よりも前にレジストラによって受け取られた場合、学生はコースからドロップされ、全額または一部の払い戻しを受ける権利があります 大学の返金ポリシー. 通知:財政援助の返還または再計算も適用される場合があります。 下記の「財政援助の返品」セクションをご覧ください。
  • セッションのドロップ/追加締切後、学生が開始する撤回日より前に、ドロップ/追加/撤回フォームがレジストラによって受信された場合、学生は「W」の評点を受け取ります。 この場合、授業料の払い戻しは適用されません。 ただし、財政援助の返品または再計算が引き続き必要な場合があります(以下の「財政援助の返品」セクションを参照)
  • 学生が開始した退学日の後、学生はインストラクターごとに獲得した成績を受け取ります(クレジット/文字の成績、クレジットなし、または退学)。
  • コースからの退学または管理上の退学は、学力に影響を与える可能性があります。

勉強から休憩したい、または教育以外の個人的な目標を達成したい学生 Prescott College 休学(LOA)を要求するか、大学から完全に退学することができます。 希望する学生は、書面による署名付き通知(休学申請書)または退学をレジストラのオフィスに提出し、フォームに記載されているすべての必要な手順に従う必要があります。 LOAまたは撤回の申請は、 myprescott.edu 「記録と登録」の下、または レジストラのオフィス.

  • LOAまたは撤回の発効日は、書面による通知がレジストラのオフィスで受信される日付です。

  • LOAまたは撤回の発効日により、学生が「返金可能/未使用」クレジットの全額または一部の授業料の返金を受ける資格があるかどうかが決まります。 をご覧ください 返金に関するポリシー 詳細についてはこちら。 注:学生への財政的義務につながる財政援助の返還が必要な場合は、この同じ日付を使用できます(以下の財政援助の返還のセクションを参照)。

  • LOAは1期間延長されます。

  • 学生は、LOAの最大2つの連続した条件で、LOAの追加の条件を要求し、承認することができます。 2つ以上の連続したLOAは許可されません。

  • 現在在籍している学期が開始した後、学期が終了する前にLOAを要求する生徒は、「学期から退学する」と見なされます。

  • 兵役を遂行するために大学を離れる軍人はLOAを取得する場合があり、配備期間中は承認された休職に置かれる場合があります。 をご覧ください 学術カタログ 詳細については、「展開およびアクティブな義務へのリコール」および「展開後の復帰」ポリシーを参照してください。

  • 学生が継続的に登録されていない場合、または承認された休学が期限切れの場合、学生は大学から退学することになります。

  • 大学から退学した学生は、後で再入学を希望する場合は、大学に再申請する必要があります。 再入学は、再入学年の大学カタログに記載されている学位要件に従います。これは、最初に開始した年のカタログに記載された要件とは異なる場合があります。

  • アプリケーションおよびオリエンテーションの教材費は返金されません。

以下は、ドロップまたは撤回されたコースの授業料返金ポリシーに関連しています。 財政援助の支払いと払い戻しの詳細については、 支払いと払い戻し.

学生は、コースのドロップにより学生が登録されている単位数が減少した場合、授業料全額または一部を受け取る資格がある場合があります。 これは、コースセッションの公開されたドロップ/追加期限までにレジストラのオフィスがドロップ要求を受信して​​処理した場合にのみ発生します。 ドロップ/追加の締め切り後に受け取ったリクエストは、「W」の退学グレードになり、学生は授業料の払い戻しを受ける資格がありません。 大学のをご覧ください 返金に関するポリシー 授業料、手数料、図書館の罰金などの払い戻しに関する詳細、および魅力的な払い戻しの決定に関する情報。

注:授業料の支払いに金融支援が使用された場合、クレジットの減少とそれに伴う授業料の払い戻しにより、 再計算 財政援助の適格性および/または リターン 財政援助基金の。 財政援助のリターンが授業料の払い戻しよりも大きい場合、 これにより、生徒のバランスが崩れる可能性があります。 授業への出席または修了の失敗、および/またはコースからの退学も、財政援助の適格性の再計算または資金の返還を引き起こす可能性があります。 したがって、学生は 強く促しました 連絡する 財政援助事務所 コースをドロップまたは撤回する前。 また、学生は他の入学オプションについて議論するために、学術アドバイザーと相談することをお勧めします。

学生が学校に通うための財政援助基金を受け取ると、学生は資金を受け取った登録期間を完了すると想定されます。 学生がコースを開始した後、正式に退学または非公式に退学(正式に学校に通知せずに出席を停止)した場合、学生は米国教育省のタイトルIVへの復帰(R2T4)ポリシーおよび学校の​​制度的支援の復帰ポリシーの対象となります。 外部の資金源に対するその他の返品ポリシーも適用される場合があります。

米国教育省のR2T4ポリシーでは、学生が実際に受け取った資金と比較して、学生が受け取った資金の額を決定する計算が必要です。 獲得 学生が完了した登録期間の部分に基づきます。 この計算により、学生に金銭的義務が生じる場合があります。 このような金銭的義務には、貸し手/銀行への学生ローン資金の即時返済が含まれる場合があります。 Prescott College、および/または米国教育省への債務。 退学すると、財政支援事務所は必要な計算を完了し、生徒が退学したという学校の決定日から45日以内に義務を書面で生徒に通知します。 R2T4ポリシーは連邦政府の規制により義務付けられており、上訴することはできません。

制度的援助については、 Prescott College 獲得した援助額を、学校の授業料に応じた授業料に比例配分します 返金に関するポリシー。 たとえば、最初のブロックのドロップ/追加期限後にセメスターセッションコースをドロップする学生がこのコースの90%の払い戻しを許可されている場合、これは学生がそれらのコースの授業料の10%を引き続き請求されることを意味します。 この場合、学生は、そのコースの制度的援助の10%を保持することが許可されます。 残りの90%を返す必要があります。

学生がコースの開始に失敗したと判断された場合、および/または学生が管理上の理由でコースを削除することを選択した場合、またはコースから削除された場合、 Prescott College 財政援助の目的で学生の入学レベルを再決定します。 連邦補助金の場合、この登録レベルの再決定は、上記のR2T4の計算の前に完了します。 その結果、学生は全額または一部の財政援助の資格を失い、その結果学生に経済的義務が生じる可能性があります。 このような金銭的義務には、貸し手/銀行への学生ローン資金の即時返済、 Prescott College、および/または米国教育省への債務。